御書大好き!!

御書を拝読して感動したことなどを書きます。

聞く読書

今年の1月にオーディブルで聞いた「線は、僕を描く」という本が、当時、私のツボにハマりまして、こんな繊細な表現の文章久しぶりだなと思って、毎夜、寝る前に聞き入ってとてもいい寝心地でした。この前もまた二回目聞いたくらいです。

砥上裕将という方が水墨画を描く人だと知ったのは、全部聞き終わってからだったか、横浜流星さんが出てるので映画も観たいと思っていたけど、砥上さんの墨絵についての書き方がすごく素敵でいい描写だったので、惹きこまれた。また、砥上さんの文章を読みたいと思った。それで、作品を探したら7.5グラムの奇跡というのが見つかり、メルカリで本を買って、最近読み終わった。今は長女に貸している。

今回は最後の最後を読み終わるときに涙が溢れた。感動の透明な涙でした。悲しいとかではなく、そういう意思のある涙ではなく、なんとも言えない感動の涙です。

もっと読みたいと思い、探したけど、ない?3作目まだですか?早く読みたいんですけど・・・・!!!

 

「線は、僕を描く」のあと、オーディブルで色々聞きましたね~でも、聞き放題の無料で聞ける本では、なかなか読みたい本がなかったりするんですけど、今まで読んだこともない作者の本に出合えるのが利点かも。試しに最初のとことか聞いて、なんか違うなって思ったらすぐやめれるのもいい。

次男が昔よく読んでた重松清さんの本、私は「トワイライト」という本を聞いてみました。言葉がわかりやすくて聞きやすかったし、内容もよかった。子供のころ、タイムカプセル流行ったな~って思ったけど、やったことない。私の心が食いつかない話って聞いてられなくなるんですけど、これはぐっと来たかな。

 

朗読する人の上手なこと、男性でも女性の役のときは女性が喋ってるみたいだし、色んな人になりきって声出せるってほんとすごいなぁと感動する。

 

最近、松阪桃李君の声が好きで、「サラバ!!上」をおもしろく聞きながら、なかなか笑ってしまって眠りにつけないこともあったけど、寝る前に聞くにはすごくいい松阪君の声~癒されますね~。

サラバ!」って本、上中下ってあるんですね。「サラバ! 中」に進んでから、ちょこちょこほかの本も聞いたりしてました。

そういう時にオーディブルでまだなかったので、「7.5グラムの奇跡」を買って読んだのです。

寝る前、横になる前まで本読んでて、そのあと暗くしてスマホオーディブルでまたほかの話を聞く。10分のタイマーで止まるまでに寝てしまえばいいけど、何回もタイマー延長して聞いてしまうこともあり、そんな時はあえて面白くない話を聞くとすぐ寝れます。(笑))

60歳からずっと韓国ドラマばっかり見てた私ですが、やっと韓ドラより面白いものが見つかったかも。