御書大好き!!

御書を拝読して感動したことなどを書きます。

御義口伝 化城喩品 第六 全733頁 新1023頁

(説明)

これは化城喩品に「その時に導師、この人衆の、既に止息することを得て、復疲惓(ひげん)無きを知って、即ち化城を滅して、衆人に語って、汝等(なんだち)、去来宝処は近きに在り。向(さき)の大城は我が化作(けさ)するところなり。止息せんが為のみと言わんが如し」とあるところである。すなわち導師が皆が化城で休息し、疲れを除いていたのを見、その化城を消滅させ、さあ、本来の目的地である宝処に行こうと促すところである。

 

第六 「即滅化城(即ち化城を滅す)」の事 (新版)


  御義口伝に云わく、我らが滅する当体は「化城」なり。この滅を滅と見れば(生命を今世限りとすれば)、「化城」である。不滅の滅と知見すれば(永遠の生命を確信すれば)、「宝処」となるのである。

これ寿量品にしては「而実不滅度(しかも実には滅度せず)」とは説くなり。滅という見(見方)を滅するを、「滅」と言っているのである。三権即一実(三乗即一仏乗)の法門、これを思うべし。あるいは「即滅化城」とは、謗法の寺塔を滅することなり。今、日蓮等の類い、南無妙法蓮華経と唱え奉る者は、化城即宝処なり。我らが居住の山谷曠野、皆、皆常寂光の宝処となるのである。

 

「即滅化城」とは、謗法の寺塔を滅することなり

これは!と思いましたが、今の時代、なかなかできないことですが、邪宗の寺に行くことをやめることが、ひとにも止めさせること、謗法の寺を滅することになるかと思いますね。