御書大好き!!

御書を拝読して感動したことなどを書きます。

御義口伝 化城喩品 第四 全733頁 新1023頁

(説明)ここは第三諸母涕泣の事の通解で引用した化城喩品の文の中に、「其祖転輪聖王・・・・」とあるところの御義口伝である。

第四 「其祖転輪聖王(その祖、転輪聖王)」の事
 

 御義口伝に云わく、本地身の仏とは、この文を習うなり。「祖」とは、法界の異名であり、これは方便品の相・性・体の三如是を、「祖」というのである。この三如是より外に「転輪聖王」はないのである。「転輪」とは、生住異滅という変化の姿をいうのである。「聖王」とは、心法(根本の生命)なのである。この三如是(御本尊)こそ、三世の諸仏の父母なのである。今、日蓮等の類い、南無妙法蓮華経と唱え奉る者は、三世の諸仏の父母にして、「其祖転輪聖王」なのである。金・銀・銅・鉄とは、金は生、銀は白骨にして死なり。銅は老の相、鉄は病を意味している。これ即ち開・示・悟・入の四仏知見になるのである。三世常恒に生死生死とめぐるのを、「転輪聖王」というのである。この転輪聖王出現の時の輪宝とは、我らが吐くところの言語音声である。この音声の輪宝とは、南無妙法蓮華経のことである。ここをもって(この南無妙法蓮華経こそ)「平等大慧」となるのである。